調剤薬局事務とは

調剤薬局講座

投稿日:

img_kouza

調剤薬局事務の仕事に向いている人

どの職種にも向き不向きがあるものですね。

ここでは調剤薬局事務の仕事にはどんな人が向いているか分析してみましょう。

ぴったりなタイプは?

事務作業の得意な方

調剤薬局事務のメイン仕事は事務です。
特に月初めには、調剤報酬明細書を作成、請求し、社会保険診療支払基金や
国民健康保険団体連合会に調剤履歴を報告し、調剤報酬を請求するという仕事があります。

普段の仕事でも事務仕事はたくさんあります。
忙しい薬剤師のサポートとして行うことはたくさんです。

患者さんの受付時には処方せんを受け取り、薬剤師に伝え、調剤記録カルタに記載します。
会計時には処方せんをもとに薬の値段を割り出し、患者さんの負担額を計算します。
これにも正確さやスピードが求められますね。

このように普段から、またレセプト作成、請求時にも数字の計算が多いのが特徴です。
ですから数字に強い人は有利かもしれませんね。

患者さんへの請求、保険者への請求金額のミスはアウトですので、
しっかり計算ができる几帳面な人が求められると思います。

人と接するのが好きな方

調剤薬局事務の仕事は事務ばかりではありません。
調剤薬局の顔として、患者さんと接するのも調剤薬局事務の仕事です。
調剤薬局に来る人は大体が具合の悪い患者さんやその家族でしょう。

ですから、そんな方々に接する態度がぞんざいではいかがなものかと思います。
自分の勤める調剤薬局の評判を上げるも下げるも事務員次第です。

ですからコミュニケーション能力もある程度求められることでしょう。
でも患者さんからの「ありがとう」という言葉は仕事のやりがいを感じる瞬間でもあるでしょう。

勉強好きの方

患者さんに薬を渡すのも調剤薬局事務の仕事です。
その際には薬について説明しなければなりません。

最近は患者さんも薬について調べているので詳しくなっていますが、
患者さんよりも薬について知らないということは避けたいですよね。

また新しい薬もどんどんでています。
それらの薬についての情報にも精通しなければなりません。
ですから向学心のある方に向いていると言えるでしょう。

調剤薬局事務の仕事やってみたいと思われた方。
学校や通信教育で調剤薬局事務に関する知識を学ぶことができます。
そのまま資格も取ってしまえば就職の際にも有利でしょう。

 
でも調剤薬局講座はたくさんあって悩みますね。
どこで学んだら良いのでしょうか?講座やスクール資料をこちらから請求できます

調剤薬局事務の資料を取り寄せて比較・検討してみませんか?

調剤薬局事務のスクール総合サイトから、あなたが気になった所のみ選択し、資料を取り寄せることが出来ます。

資料請求は2分ほどで無料で出来ます。様々なスクールと学びの種類がありますので、ご自身に合うものを比較検討してみて下さい。

資料請求(無料)は今すぐこちら

img_school

-調剤薬局事務とは

Copyright© 調剤薬局事務になるには|資格取得と仕事について説明します , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.