豆知識

メリット&デメリット

投稿日:

img_merit

調剤薬局事務のメリット

自分の都合に合わせて働くことができます。
ほとんどの調剤薬局事務はアルバイトやパートといった雇用形態を採用しているので、家庭と両立させたい働く主婦にとっては働きやすい環境と言えるでしょう。

休日もしっかり決まっていますし、夜勤もありません。全国に調剤薬局は増えているので、比較的近所でも働き口を見つけやすいと言えるでしょう。

職場が近く、通勤しやすいというのは、働く主婦にとって大きなメリットではありませんか?全国に調剤薬局が増えているということで、引っ越すことになっても新たな土地で仕事を見つけやすいことも特徴です。

資格や経験がある方ならば即戦力として採用もされやすいことでしょう。
そうです。調剤薬局事務は実務経験が何よりも重要視されるので、年齢を重ねても働けるのも魅力の一つではないでしょうか?そして専門知識やスキルが身につきます。扱う薬の量はたくさんあります。患者さんにも説明しなければならないので、薬の知識は嫌でも身につきます。

ご自身やご家族のためにも役立つ知識なので、身について損はありません。
医療分業化、高齢化が進んでいるので、調剤薬局の需要はこれからも高まり続けていきます。
リストラや倒産といった心配は不要ですね。

 

資格取得で就職が有利に!

調剤薬局事務のデメリット

仕事中は常に気を張っていなければなりません。
人々の命に関わる薬を扱う仕事なので、気が緩んで渡す薬を間違えたなんてことになったら大変です。

会計の計算を間違えたというのも問題です。
接する相手もほとんどは具合の悪い患者さんやその家族でしょう。ですから気配り、気遣いも欠かせません。

ただ黙々と仕事をしていけばよい、というものではなさそうです。
そして、調剤薬局事務の仕事は専門的知識が必要な仕事です。
ですから、経験者か資格がないと就職は難しいでしょう。
未経験可と言っているところも資格が無いとダメというところがほとんどです。
ということは資格を取ってしまえば、就職しやすいということもできますね。

資格の取り方としては、独学や学校に通ったり通信講座といった方法があります。
取りたい資格によって方法も変わってきますので、事前にいろいろ調べてみてください。
こちらのサイトからスクール資料を取り寄せることができます。
自分にあった方法で調剤事務の資格を取ってみてはいかがですか?
比較的短期間で知識を身につけることができるのも特徴です。

調剤薬局事務の資料を取り寄せて比較・検討してみませんか?

調剤薬局事務のスクール総合サイトから、あなたが気になった所のみ選択し、資料を取り寄せることが出来ます。

資料請求は2分ほどで無料で出来ます。様々なスクールと学びの種類がありますので、ご自身に合うものを比較検討してみて下さい。

資料請求(無料)は今すぐこちら

img_school

-豆知識

Copyright© 調剤薬局事務になるには|資格取得と仕事について説明します , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.