豆知識

給料と年収

投稿日:

img_kyuyo

地域によって異なる

勤務先、場所(首都圏、郊外など)によって違いますが、平均的な数値を見てみましょう。

 

雇用形態ごとの収入

正社員の場合

調剤薬局事務正社員の平均的な月給は20万円前後と言われています。そこに各種手当やボーナスなどがついて年収300万円ほどといったところでしょうか。

医療系の仕事としてみた時、少し少ないように感じるかもしれませんね。しかしこれも人によって差はあります。

資格の有る無しや、事務経験、地域によっても変わってきます。
キャリアを積んでいくことで収入も上がることは期待されます。

調剤薬局事務という仕事自体がまだ新しいので、これからに期待ですね。
正社員ならば退職金も受け取ることができます。

希望退職者の場合は10年以上の勤務で約10ヶ月分の退職金が支払われます。
単純に計算しても200万円となりますが、10年働いていたら、ある程度昇級しているでしょうし、もう少し期待できると思います。調剤薬局も勤続年数応じて昇級するシステムを導入しているところがたいはんですので、長く勤めれば退職金も上がっていきます。

もちろん定年で退職した場合は金額が大きくなるでしょう。

 

派遣社員の場合

最近は調剤薬局も派遣社員を採用するケースが増えています。派遣社員は正社員と違って時給計算ですね。

一般的な調剤薬局事務における派遣社員の時給は1500~1800円というところが多いです。もちろん地域によって変わってきます。

そして普通派遣社員の場合は交通費込みの時給になるので、別で交通費支給ということは基本的にありません。こちらも医療系の派遣の仕事としては少し低めかもしれませんが一般的な事務の仕事に比べたら、同じか少し良いくらいではないでしょうか。

 

パート、アルバイトの場合

調剤薬局事務で一番多い雇用形態が、このパート、アルバイトです。ですから午前だけ、午後だけ、週に3日だけ等時間の都合がつけやすいので主婦に人気の仕事とも言えます。

一般的な調剤薬局事務の時給は750~1000円というのが平均です。こちらも地域によっても違いはあります。一般的な事務よりは少し高めかもしれません。

他の医療系の仕事と比較してしまうと、決して給料が良い!とは言えないかもしれませんが、仕事と家庭を両立させたい方や、転職の際有利であること、また将来性を考えると決して悪くはないと思います。

このように女性にとっては働きやすい環境なので、近年調剤薬局事務を希望する人はどんどん増えています。

 

こちらのサイトからスクール資料を取り寄せることができます。
自分にあった方法で調剤事務の資格を取ってみてはいかがですか?
比較的短期間で知識を身につけることができるのも特徴です。

調剤薬局事務の資料を取り寄せて比較・検討してみませんか?

調剤薬局事務のスクール総合サイトから、あなたが気になった所のみ選択し、資料を取り寄せることが出来ます。

資料請求は2分ほどで無料で出来ます。様々なスクールと学びの種類がありますので、ご自身に合うものを比較検討してみて下さい。

資料請求(無料)は今すぐこちら

img_school

-豆知識

Copyright© 調剤薬局事務になるには|資格取得と仕事について説明します , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.